終末のヴァルキュリアアイキャッチ

年の差カップル純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第九話 リッカの攻防戦②を更新しました。

第九話 リッカの攻防戦②

 喉から止めどなく血が流れる。息が……息ができない。僕は呼吸困難になりその場に倒れ込む。

 老婆は笑いながら距離を縮め僕に対して、斬りかかる。

 閃光のようにきらめく光の刃――。僕は必死の思いでかわそうとするも太ももを軽く切った。ズボンに血が広がる。喉から血が止まらない。上着は血まみれになり胴体部分は赤く染まる。くそ、頭がクラクラする。息ができない。

 まともに頭が回らず必死の思いでこの場から逃げようとするが、視界がおぼつかない。出血多量で頭に血が回っていないのだろう、ぼんやりしてくる。

 まわりのひとだかりは僕の様子を見て、道を空け僕から距離を取った。誰も助けようとはしない。ただ、何やら悲鳴を上げ近づかないようにする。

 しばらくふらふら歩いた。違和感に気づく。老婆が追ってこない。後ろを振り返るが老婆はいない。どういうことだ?

 とどめを刺すチャンスなのに何故来ない? 何を考えている? 思考をめぐらすが何も思いつかない。ふらふらな足取りで僕はメリッサを探す。

 盾になるとか言ったくせに肝心なときにメリッサはいない。僕は今の状態を他人のせいにして冷静さを取り戻そうとした。

 僕の姿を見れば、人だかりは道を空けてくれるが、後ろを振り向く人は半々。ぶつかりながら前に進む。

 心が徐々に落ち着いてくる。あることに気づく、もしかしてこの場所はたいへん危険ではないのか?

 せまい人混みに紛れて襲えば、たやすく致命傷を負わせられるのではないだろうか。あの老婆は背が小さい、人にまぎれてしまえば視界に入りにくい。

 しかも、相手の武器は体に忍ばせやすいショートソードだ。こちらから確認しづらい。

 ――危険が迫っている。

 僕はそう認識し直すと、神経を尖らせて相手の攻撃に備える。それが功を奏した。

 人がいきなり近寄ってきた。僕はとっさにその場から飛び上がり、近づいてきた人から距離を取る。

 あの老婆だ。

「ひゃひゃひゃひゃひゃ! 簡単な獲物だと思ったのに、しっかりした坊やだ」

 老婆はしっかり腰にショートソードを構えていた。かわさなかったら、僕は死んでいた。力を振り絞って老婆を蹴りつける。

「ひゃっ!?」

 相手がひるんだところで僕は距離を取って、その場から逃げ出した。大通りは危険だ、脇道に入り裏路地に入った。あたりを見渡す、とりあえず木箱が並んだ物陰に僕は隠れた。

 相変わらず喉からの出血が止まらない。くそ! 八方ふさがりだ、どうする? あらためて周りを確認する。

 そびえ立つ壁は二階から三階建ての石造りの建物で丈夫にできている。他にはそこらかしこに道具が並べられていた。空を見上げると昼間だが少し薄暗い。

 僕の周りには血だまりができて、ここにやってきた道には点々と血が付いており、それを引きずってまっすぐに伸ばされていたり、血が吹き出て血だまりになっているところがあり、それが僕の足下につづいている。

 しまった、血の跡で僕の居場所がわかってしまう。ここから逃げ回らなければ……。

 いや、まてよ逃げ回ってどうなる。残り少ない体力を消耗するだけだ。もっと冷静に考えろ。相手はこちらに大きな傷を負わせたことを知っている。当然逃げると考えるだろう。そこが狙い目だ。

 ここで反撃して、相手を動けなくすれば簡単にこの危機を脱せる。

 敵は老婆だ。メリッサはエインヘリャルは筋力は生前のままだと言っていた。まともに戦えば僕が勝てるだろう。僕は腹を決めた。武器を探す。周りを見渡すと古びた斧があった。これにするか?

 いやだめだリーチが短い。懐に入られると一巻の終わりだ。もっと他にいい物はないのか?

 よくみると長い木の棒の先に、フォーク状の四つ股のかぎ爪が付いた物があった。これは農作物や厩(うまや)の飼い葉を運ぶ物だろう。世界史の教科書で見たことがある。

 僕はそれを持つと敵が来るのをじっと待った。

 しばらくすると小さな影がこちらへと伸びてきた。足音はしない。静かに僕の元へゆっくり近づく。

 そして光の刃を振りかぶりこちらへやってくる――。

 僕は突然道に飛び出し、声を上げ、老婆にフォークを振りかぶり、かぎ爪を肩に刺した。老婆は突然の反撃に戸惑うが、冷静にかぎ爪部分と木の柄部分を光の刃で切り離した。

 この老婆、戦い慣れている――。

 老婆がショートソードを振りかぶろうとした。僕は老婆を蹴り距離を取った。

 すると、老婆は僕が残した血の跡で足を滑らし転んでしまう。たしかに反射神経や身体能力は生前のままのようだ。体勢を立て直した老婆は僕を覆い被さり、とどめを刺そうとする。

 そのとき――

 僕はとっさにフォークの先が切れた木の棒を、切れ端側に老婆の方向へ向け、老婆の喉元に突き刺した。

「ぎゃえええええ!」

 老婆が痛みに悶絶する間に僕はここを立ち去った。危なかった……! どれほど走っただろう、突然後ろから声がかかる。

「佑月!」

 メリッサが駆け寄ってくる。その瞬間張り詰めていた空気がぼやけて意識が途絶えた。


次→第十話 つかの間の休息
前→ 第八話 リッカの攻防戦
第一話→現実世界
まとめ→ノベル