純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十六話 メリッサの夢②

2018年5月1日

第十六話 メリッサの夢②

「もううちの主人たら、ヤキモチ焼きで困っちゃってー」

 メリッサとのデートは痛かった。別の意味で。

「でもでも私嬉しくってうちに帰ってチューしちゃったんですよー」

 メリッサは市場で店の主人と話している。無論、僕には何を言っているかわからない。でも何を言っているか想像がつく。だってなんかクネクネしてるし。

「ねえ、あなたも何か言ってよ、ア・ナ・タ」

 アナタって何言ってんだ。とおっしゃるより僕が話しても話が通じないだろう。ベタベタと僕の体を触ってくる町のど真ん中で。おっさんが十五歳ぐらいに見える美少女と。

 後ろの中年の男が壁をドンドンと蹴っている。そうかこの世界ではイラつくとそういう行動を取るのか僕も今度やろう。見た目は三十代のおっさんと十代の少女との夫婦ごっこだもんな。

 それは周りのストレスは半端ないだろう。僕は町の中でさらし者にされている。さえない僕の姿を見て憎しみの視線があつまってくる。

 こんな中世の世界だ。いちゃつくバカップルは、はしたなく見えるだろう。それを堂々とやってるメリッサ姫。でも文句を言うと怖いから、黙って従っている。

「見てー買っちゃった、似合う?」

 メリッサは髪飾りをつけて僕に見せつけている。

「とても素敵だよ、お姫様」
「ホントに!?  ありがとうアナタ」

 彼女は堂々と人前で僕の頬にキスをする。柔らかく温かい唇。少ししめっていて、なんともいえないゾクゾク感がする。不思議な感じだ。彼女と触れた肌から全身が電子レンジでチンしたみたいに温まった。

「ねえ、アナターおなか空いちゃった。ランチにしましょう」

 彼女に連れられて食堂に連れて行かれた。客はほとんど男ばかりだ。そこに腕を組んだカップルが入ってくる。あたりは静まり冷たい視線で見てきた。

 メリッサは手慣れた様子であれこれメニューを頼む。運ばれてきた料理はいつもと似たような献立で見ただけで胃もたれしてくる。

 またあの硬いパンを食べなければならないのか。

「はい、あ~ん」

 メリッサが僕のスープにスプーンを入れて中身を僕の口元に持ってくる。おいおい、それは勘弁してくれ。ここは中世だぞ。死人が出る。

「あ~ん」

 煮えない僕の行動に腹が立ったのか、メリッサはきつい目つきで、低い声で僕の体を押しつぶしてくれた。こんなに迫力のあるあ~んは見たことがない。冷ややかな緑碧の瞳。 早く口を開かないと視線で全身が凍てつきそうだ。必死の思いでスプーンにかぶりつく。

「いっぱい食べて、精をつけてね。ふふふ」

 僕のわからない言葉で大きく笑う。あたりがざわめく。

「おい! ふざけんな! ぶち殺すぞお前ら!」

 店の中で男たちのわけのわからない言葉の怒声が飛び交う。言っている言葉は伝わらないが言っている感情は理解できた。これが嫉妬か、初めて受けたよその感情。優越感よりも申し訳ないと思うのが小市民の日本人の男ゆえか。

「お前らこそ、ぶち殺すぞ。ブタども」

 メリッサが低く張りのある声で男たちに答える。一体何を言ったんだろうか、その迫力に食堂の男たちは静まりかえる。怖い。怒らせたら血を見る。店の空気で体がバラバラになりそうだ。僕は生きてこの店から出られるのだろうか?

「はい、あ~ん」

 またスプーンをこちらに持ってくる。こんなに殺伐としたあ~んはかつてなかったであろう。さすが中世だ。

 僕らは凍てつくランチを終わらせると川の上に石造りの古びた橋の上で話す、少し涼しげなところだ。まあ、食堂では寒気がしたが。

「今回は日本での二〇代新婚夫婦を仮定したデートだ。楽しかったか?」

 メリッサは目を閉じ僕に笑いかけた。

「非常に楽しかったです」

 それ以外の言葉を言ってはいけない。怖いから。

「そうか! 私も楽しかったぞ!」

 メリッサは抱きつく。可愛いなあ、ははは。僕はすっかり飼い慣らされていた。その時、何故かメリッサは急にモジモジし出す。

「あのな、頼み事があるのだが」

 なんだろう、僕には拒否権がないけど。

「こういう雰囲気のとこでは恋人同士はするのだろう。ほらなんて言うかその、ああじれったい、佑月! キス……して欲しい……」

 キス!? そこまでいくのか! 最近の娘は早いなあ。僕は大人だ。その期待には応えないといけない。言い訳じゃないよ。こっちも命がけだから。

「そうか……わかった」

 僕は唇を近づけようとする。なのにある問題が出てきた。

 届かない。

 必死に目をつぶってメリッサは待っているが身長差がある。

「メリッサ。身長何センチ?」
「身長?152cmだけど。どうしたんだ?」

 僕は175cm。23cm差だ。ちょっと無理だな。僕は少しかがんでメリッサと身長を合わす。不思議そうな顔をしているメリッサ。

「いくよ……」

 僕は顔を傾け少女の唇を奪う。柔らかいメリッサの唇。ぬくもりが敏感な唇をとおす。そこにすこし間を開け唇を重ねる。

 かすかな息と息が交わる。そして少女の唇をむさぼった。彼女は決して震えたりしなかった。黙って僕のしたいように唇を委ねている。

 彼女の唇を十分に味わうと少し間を取って目と目を合わせる。メリッサの目は少し潤んでいる。

「はじめてキスをした……お前とキスした……ふふふ」

 彼女は嬉しそうに空を見上げる。空には雲一つない。晴れ晴れとしている。

「夢だったんだ。こういうの。幸せだなあ……」

 メリッサは呟く。そしてこちらを向いて。

「うん、幸せだ。ありがとうな!」

 満面の笑顔。僕も嬉しくなってくる。僕も幸せだよメリッサ……

次→第十七話 昔の思い出
前→ 第十五話 メリッサの夢
第一話→現実世界
まとめ→ノベル

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 イラストブログへ