純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第二十三話 森は笑わない③を更新しました。

第二十三話 森は笑わない③

 剣戟(けんげき)が僕を襲う。身をひるがえし、僕の肉を食らおうとした刃は空を薙ぐ。その中にメリッサが割り込んできた。

「何をやっているのかわかっているのか! 金髪のヴァルキュリア!」

 威風堂々、吊された裸の少女はそこにはなく、さっきの金髪のヴァルキュリアが衣服を整え剣を構え、僕を襲ってきた。

「殺させはしない。私は人間になる! 人間になるんだから」

 冷静さを失っている。金髪のヴァルキュリアが剣を振り上げ、二筋の剣筋が舞い交差する。メリッサの剣圧に負けて後ろに下がるとカチッと音がする。ビュッ! と音を立てて仕掛け弓の雨あられが敵の男のエインヘリャルを襲う。

「があ!」

 矢たちは足に刺さり血で真っ赤に染まる。這(は)いずりながら叫ぶ、

「何をやってるヴァルキュリアがエインヘリャルの戦いに介入すると、俺に被害が来るのがわからないのか!?」

それは悲鳴に近かった。金髪のヴァルキュリアは自分の過ちに気づいたようだ。戦闘意欲を失うとあっさりメリッサに剣を奪われる。

「ばかなやつ」

 メリッサは吐き捨てる。金髪のヴァルキュリアは焦点が定まらない目で、

「だって負けたら終わり、終わりだから……」

 僕は敵のエインヘリャルに銃を向け直す。

「何か言い残すことはあるか?」
「へへ、別に何もないが俺は死ぬなら女を抱きながら死にたかったんだ俺のヴァルキュリアみたいな、あほな姉ちゃんじゃなくて、あんたのヴァルキュリアみたいな良い女がいい。どうせ殺すんだろ。一回ぐらいあんたのヴァルキュリアを抱かせてくれないか」

 敵のエインヘリャルがそう言うと、メリッサは髪の毛を逆立てて眉をつり上げた様子で、

「早くそいつを殺せ、出ないと私が首をはねるぞ」

 僕はメリッサの気持ちを考えて早く終わらせることにした。

「もうないな。なら終わらせるぞ」
「最後に一つだけ」

 男は呟く、

「くたばれ、クソやろう」

 金髪の男は後ろほうの草陰に隠されていたロープを切る。僕の足にロープがかかった。ロープに引きずられ僕は上空へ逆さづりにされる。

「しまった!?」

 そして僕に向かってとげ付きの巨大な丸太が襲いかかってくる。丸太は大きく弧を描き地面すれすれにきたとき――

――メリッサがその場所に立つ。

 そして僕の方へ振り返り少し微笑んでみせた。

――丸太はメリッサの小さな体を突き上げた。とげは鋭く彼女の柔らかい体を深々と貫き、
丸太とメリッサは巨木にぶつかりメリッサの身体は粉々に砕ける。

「メリッサ!」

 僕は叫ぶ。腰に下げていたショートソードで僕を吊していたロープを切り、地面にたたきつけられる。足がふらつく。目を恐る恐る彼女のほうに向けた。

 メリッサはぶら下がった丸太のとげに刺さり力なく人形のように動かない。

 大地が赤く染まる。メリッサの艶やかな白い肌が赤い海に沈み、光り輝きあやしく美しくきらめく。

「ハハハ――!」

 金髪の男は笑う。

「何がおかしい!!?」

 僕は叫ぶ。

「笑うしかないだろこっちのバカ女は俺の邪魔をしてお前の女は身をもって男をかばって罠を潰しやがった! ハハハ! 何が選定の儀式だよ結局ヴァルキュリアしだいじゃねえか」

 選定の儀式なんのことだ? それよりもコイツ、金髪のヴァルキュリアはコイツをかばって僕に剣を振るったのがわからないのか。

確かに愚策だったがヴァルキュリアがその魂をかけてこの戦いに賭けているのがわからないのか。

 メリッサ……。

 自分のバカさ加減に腹が立つ。コイツの話をグダグダ聞いて。何故隙を見せた。メリッサの言うとおり早く殺せばよかったのに。

 余裕見せて悦に入っていたのか。それとも人殺すのにためらっていたのかバカめ、今更何を考えてる。

 すべては俺の責任だ。

 メリッサを傷つけたのも僕のせいだ。自分の甘えがこの事態を呼んだんだ。

メリッサすまない……。

「――お前が話していい言葉は一つもないメリッサを傷つけた罪、その身であがなえ」

 フルオートで全弾をたたき込む。金髪の男の体は吹き飛び、ヴァルキュリアと男だったものは光に包まれる。僕は急いでメリッサを貫いている丸太のロープを切り、彼女を抱き起こす。

「メリッサ……! すまない僕がちゃんとしなかったせいで……」

メリッサは光を失った目で口を動かす。

「甘えるな……もっと私を……大切にしろといったろ……バカ者め……」

 メリッサ……! 僕は取り返しのつかないことをしてしまった。メリッサに何言われようとかまわない。

 僕は罰を受けるつもりで彼女の言葉を待った。

続く
 
前→ 第二十二話 森は笑わない②
第一話→現実世界
まとめ→ノベル

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 イラストブログへ