純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア 第二十七話 フリューナグの第一歩を更新しました。

第二十七話 フリューナグの第一歩

 フリューナグにつくと僕たちは検問にあった。街の入り口に兵士たちがおり、僕たちをにらむ。メリッサが兵士に自分たちの立場を説明しているのだろう、長い時間僕は待たされた。よくみると何やら手紙みたいな物をメリッサは手渡している。

 自分たちの立場を説明しているのだろう、長い時間僕は待たされた。よくみると何やら手紙みたいな物をメリッサは手渡している。

 メリッサが近寄ってくる。彼女は急に僕に抱きついてきた。兵士がいぶかしげな目で僕たちを見ていた。なんだろ う、まるで僕たちの関係を見せびらかせるように。兵士たちは何やら相談して手紙みたいな紙をメリッサに手渡す。

 メリッサはそこにサインをし、兵士たちは僕たちを通してくれた。

「メリッサ、僕たちのことをなんて説明したんだ」

 僕が尋ねる。

「ん、ああ。教会組織の一員だと説明した。神の教えを広める宗教団体だと。そしてお前のことは私の夫だと説明した。
神の教えがあると外人とも言葉を超えて心が通じ会えると。だからこの街では私を嫁だと振る舞え。私を大事にしろ」

 宗教団体ってどんな手を使ってその証明を手に入れたんだろう。いやそれよりも嫁って……。それにしても嫁かあ、良い響きだなあ。

 僕は少し感じ入っているとメリッサは僕と腕を組み始める。

「ちょっと、目立つのはよした方が良いんじゃないか」

 僕は動揺する。メリッサはキョロキョロして、「周りをよく見ろ」と言う。

 彼女の言われたとおり周りを見ていると男女が腕を組んだり、手をつないだりしている。この街はどこか温かい雰囲気がある。

「フリューナグは仲の良い貴族の夫婦が作った街なんだ。そのためここら辺では愛の聖地だという評判で、この街を過ごした夫婦は幸せになるという伝説がある。郷に入っては郷に従えだ。いつも通り仲良くすれば良い。
ねえ、ダンナさま?」

 身体中の水分が沸騰しそうになる。ダンナさまって……そんな甘い声でささやくなよ興奮するだろやめてくれ。

 そんな誘惑に僕は負けたりしない。

「おう、僕についてこい」

 僕がそう言うと彼女は腕に強く絡み、柔らかな胸を押しつけてくる。見た目ではわからないけど結構ボリュームあるな。何を考えているんだいちいち反応するなんて大人げない。

 十代の若者じゃないんだぞ冷静だ冷静になれ。僕はギクシャクしながら街を歩く。

 言っていたとおり人が多い。歩く人もそうだが、店舗として構えてる店が多い。
リッカも人が多かったが脇道にそれると人はいなかったし、市は地べたに座って、しきものを敷(し)いて商売していたが、フリューナグの表街道はすべて店舗として構えてある。

 屋根は赤い煉瓦でとても丈夫そうだ。壁もしっかりしてある。大都市になるとこうなるのか。中世は一様なイメージがあったが、街によって全然違うな。

「ねえ、メリッサちょっと寄りたいところがあるんだけど」

 僕はメリッサにそう告げると店を探した。

「お前にこんな趣味があったとはな」

 買い物を終えるとメリッサはやれやれといった感じで、僕の戦利品を見つめている。

「いっておくが私にそういう趣味はないぞ、私に使うなんて不届きなことをすれば、怒りの蹴りを覚悟しろ」

 メリッサが変なことを言うので僕は、

「そんないかがわしい物を買ったようなふうには言わないでくれ、僕の戦い方に必要な物だ」
「ふ~ん戦いねえ。まあお前のやりたいようにしろ。それよりも私の買い物にも付き合え」

 腕を組みながら街を練り歩く。メリッサは野菜や肉やら食材をたくさん買っていた。

「この街ではいろんな食材が手に入るからな、私の手料理を食べさせてやる。しっかり精をつけてもらわないとな」

 精ってそういうことを思い浮かべるから冗談でもやめてくれ。そばにいて平静を保つのでやっとなんだから。

 彼女は楽しそうに食材を選ぶ。本当に夫婦みたいな時間だった。僕たちはいろんなことを話し、あれが美味しそうだとか、あれはよくないとか、日常会話を楽しんでいた。

 会話が楽しいと思ったのは初めてかもしれない。僕は死ぬ前、本当に心から会話したことがあったのだろうか? 今ではわからない。でも今言えることはただ、幸せだ。

 買い物を済ませたあと日が暮れる前に宿を決めることにした。かなり大きな建物で二十人は泊まれるだろう。三階建てでアパートみたいだ。

 彼女は宿屋に関係を説明する際、夫婦だと説明した。

「そうです~ゆづったら可愛くて私チューしちゃったんです」

 両手を頬に当てて愛らしい仕草をする。また萌え演技をする。ああ、可愛いなあ。みてください、この可愛い生きモノ、僕のカノジョなんです。
メリッサが宿屋の主人の手を取るととっさに僕は咳払いをする。

 メリッサがそれに気づくと男の主人から手を放す。彼女はこちらに寄ってきて。

「なんだ~妬いているのか?」

 意地悪そうに僕を見つめている。
「そうだ、メリッサ。君は僕のモノだ。気をつけなさい」

 その言葉を聞くと、彼女は満面の笑顔で僕の頬にキスをする。相変わらずしっとりとして柔らかい唇。癖になるなこれは。

 宿屋の主人はあきれた様子で僕たちの宿泊を認めた。

 僕たちが部屋に入り荷物を整理したあと、突然その時がやってきた。

「エインヘリャルが来る!」

 寒気がしだす。僕はとっさに精神統一をし、これから起こるであろう、血なまぐさい光景を想像し全身の神経を尖らせる。僕は戦闘準備をして外に出た。

 MP7A1を手にし襲撃に備える。どこだ――どこから来る――?すると悲鳴が聞こえ出す。何だ何が起こっている?

「すごい早さでやってくるぞ」

 メリッサ、だってここは表通りだぞ。人混みの中どうやって……

 敵は人混みなど気にする必要はなかった。走りながら人間を弾き飛ばしている。その姿を見たとき。2メートルをゆうに超えた大男がこちらに向かって走り込んできた――

続く
前→ 二十六話 二人の距離②
第一話→現実世界
まとめ→ノベル

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 イラストブログへ