終末のヴァルキュリア 三十六話 教会の扉を更新しました。

第三十六話 教会の扉

 扉を開けるとそこではメリッサが食事をしていた。テーブルの上には豪華な装飾をした大皿にでっかい鶏肉だろうものが乗っかっている。それをメリッサはナイフで切り分けて手づかみで食べている。パンも上質そうなパンで僕が食べていた黒いパンとは大違いだ。

「ん、佑月お疲れ。ずいぶんと男前になっているではないか。殴られたのか?」

 気が動転している僕に対して平然と食事を続けるメリッサ。

「メリッサこれはどういうことだ」
「ん?ああここの兵士たちに宗教教団の一員であり、この世界についての知識や私が知っている私たちの世界での出来事を説明すると、聖女として崇められた。最近では銀色の乙女として教団の一員として仕事している」

 メリッサはこちらを見ずに食べ続ける。

「ならどうして僕は牢屋に閉じ込められたんだ」
「ああ、そうか。言ってなかったな。お前には街の破壊工作の疑いがかけられていた、一応説明したのだが上の方が頭硬くてな。身辺調査するって言って聞かなかった。私はすぐに身分が証明できたので捕縛されなかったが、お前の身分を証明するのは一苦労だった。私が教会に頼んで身分を保障してもらってやっと解放されたようだ」

 僕は血の気がすっーと引く。

「そのことを牢に入っている僕に知らせてくれてもよかったじゃないか」
「それはそれ。最近べったりだから愛情が冷めてないか不安だったからじらしてみたんだ。どうだ? 私が恋しくなったか」

 この……メリッサに僕は近づいていく。僕は手を上げ――
 そのままメリッサを抱きしめた。

「メリッサ心配したんだぞ。こういうおふざけはこれっきりにしてくれ。僕が自殺でもしたらそれこそ面倒だろ」
「佑月……やさしいな。殴られる覚悟はあったんだが、その優しさに甘えさせてもらいたい。ごめんな。ちょっと度が過ぎた」

 僕たちが抱きしめ合っていると兵士たちからざわめき声が聞こえる。

「皆のもの紹介する。私の護衛である佑月というものだ、言葉が通じないが心は思いのほか優しい。よきよう取り計らってくれ」
「わかりました銀色の乙女。貴女のご随意のままに」

 少し老いた兵士が僕のわからない言葉でメリッサとしばらく話し込んでいた。

「少し私についてきてくれ」

メリッサが歩きはじめると兵士たちが数人ついてくる。護衛役といったところか。しばらくあるいていると街の少しはずれに大きな教会が立っていた。

 中に入ると荘厳な雰囲気でステンドグラスで窓からいろ取り取りの採光が差し込んであり、整然と椅子が並び装飾が施されている。周りを見るとフレスコ画で女性が描かれており不思議な雰囲気を醸し出していた。

「ようこそ銀色の乙女」

 教会の神父らしき二人が僕たちを迎える。片方は老人で、宝石がちりばめられた美しい衣装を着ており、もう一人は僕と同じ年ぐらいだろうか。上質な羽織り物を着ており両方とも身分が高そうだ。

「このものが異世界から来たという御仁か」

 中年の神父がメリッサに尋ねる。

「そうです。佑月と申します。見ての通り異国人です。神の言葉を聞きわたしだけが話が通じます」
「そうか、顔をもっと見せてくれ」
「佑月もう少し顔を見せて欲しいらしいアウティス神父に顔を見せてやってくれ」

 メリッサに突っつかれる。あいさつ…この世界のあいさつってどうやるのだろうか。僕が会釈をすると、

「こら、左足をひざまずいて手をこう胸に当てて……」

 僕はメリッサに簡単な礼儀作法をレクチャーされた。

「なるほど見たことない人相をしている。さぞ苦労したようですね。この街でゆっくりと羽を伸ばすといいでしょう」

 老人の神父は優しく何やら話しかけた。

「佑月というもの身分は保証するゆえ自由に行動するとよい。もっとも言葉が通じぬようでは不便であろうが。しかし、異国というのは我々の想像の範囲を超えているようだ。銀色の乙女から聞いた。ぜひとも興味がある、が、言葉が通じないのであればなかなか説明しづらいだろう今度機会があれば銀色の乙女を仲介役にして話しを聞きたいものだ」

 横にいたアウティス神父がなにやらにやつきながら僕に語りかける。この男何やら危険な匂いがする。あまり関わり合いになりたくないな。

「今日はあいさつだけにうかがいました。話しはまた後日」

 メリッサは軽くあいさつをして入り口の扉の方へと向かっていく、僕は黙ってそれについていった。
 僕たちは教会を出た。何か意味があったのだろうか、メリッサに尋ねた。

「あの人たちは?」
「年老いた方はペトロ司教。この地域の監督官だもう一人はアウティス異端審問官だ。ここの教会団では諜報部みたいなものだな」

 お偉いさんと会えるほど身分が高くなっていたのか。メリッサの影の見えない手腕に感心した。

「佑月(ゆづき)、お前は先に宿に帰ってくれ私は二人と話がある」

 え、せっかく会えたのにまた離ればなれになるのか、なにやら僕は寂しさにかられた。

「おいおいまさか一人で帰れないとかいうんじゃないだろうな。おっさんが迷子になるとかやめてくれよ」

 メリッサはからかいながら言うがここの世界に来てから迷子になりっぱなしだ。本当なら一緒に帰りたいが、

「一人で帰れるよ」

 僕は意地を張って言ってしまった。

「一応武器を渡しておく、途中でエインヘリャルにあったら逃げるんだぞ」

 僕はMP7A1を手渡され一人で帰ることにした。2kmほどあるいたところ案の定迷子になった。なんで帰り道を聞いておかなかったのか。今更ながら後悔する。

 メリッサ今日冷たかったないつもなら甲斐甲斐しく世話してくれるのに。彼女は僕といてストレスを感じているかもしれない。こっちはさえないおっさんだから、言いたいことが色々あるだろう。何も文句言わず僕に合せてくれている。僻みごとひとつ言ってくれれば僕も安心できるのに。

 あれこれ考えていると裏路地に入ってしまった。しまった大通りにもどらないと。

 キョロキョロと周りを見渡していると後ろの影から人の気配がする。僕が振り返る前にショートソードを首元に当てられた。ゆっくりと刃が僕の首元を切り裂く。僕は抵抗する暇もなく、闇から現れた刺客に殺されてしまった。

続く
前→ 三十五話 日差しそして
第一話→現実世界
まとめ→ノベル

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 イラストブログへ