終末のヴァルキュリアアイキャッチ

終末のヴァルキュリア 第三十八話 ザメハの笑み②を更新しました。

第三十八話 ザメハの笑み②

「おはよう、おっさん。また、おっさんと遊べて俺嬉しい」

 僕が死からよみがえると赤毛で筋肉のついた若い男が目覚めの挨拶をする。すぐさまザメハに向かって問答無用でバースト射撃をおこなう。けたたましく銃声が鳴り響くが、ザメハは軽々しく空をとんで見せ積まれた木箱の上に着地した。

「おっさん、目覚めから元気」

 残り26発、残弾が心もとない。どうする? また避けられてしまった。ひっそりと奴はまた闇へと身を潜める。空気が凍り付く。気配が全く読めない。

「ザメハ、お前は暗殺者か何かか? 正々堂々真っ正面から戦う気はないのか」

 ザメハを挑発する。だが、奴の嘲笑(ちょうしょう)が聞こえてきた。

「おっさん困ってる。俺ただの殺人鬼。五歳の頃から人を殺して生きてきた。みんな死は平等。金持ちも、商人も、芸術家も、職人も、市民も、農民も、乞食も、おんな子ども全部肉の塊。最後の瞬間絶望して苦しそうに死ぬの見るの快感。
 特におんな子ども殺すの楽しい。自分で守る力がないくせに無様に命乞いして何でもするとか言わせて遊ぶ、それで絶望をさせて苦しめるのは楽しい。
 人を殺すのは生きがい」

 コイツどこまで頭がおかしいのか。吐き気がしてきた。

「なぜそんなに人を殺してこの街で捕まらない? 警備は厳重のはずだ」

 疑問が浮かび上がってくる。言葉の通じないこの街でどうやって暮らしているのか。

「俺言葉通じないから、困ってた。最初は肉屋やパン屋を殺して飯食っていた。そのうち兵士に捕まって教会に引っ張り出された。100人相手じゃ俺殺しきれない。そしたら教会のおっさんに話がわかる奴がいて、自由に殺して良いと言われた。俺幸せ」

 教会に話が通じる奴がいる? どういうことだエインヘリャルはエインヘリャルかヴァルキュリアしか話が通じないと言っていた。まさかエインヘリャルが教会にいるのか?

 疑問が生まれたが今はコイツをどうやった倒すかを考えなければならない。罠を仕掛ける余裕はない。制圧射撃をおこなって仕留めるには残弾が心許ない。奴の身体能力は異常だ。奴の剣さばきも洗練されておりとても僕の動体視力ではとらえきれない。言いたくないが奴は暗殺のスペシャリストだ。一対一での戦いではこの上ない強敵。

 しかも僕の戦い方は見えない敵をとらえるのに向いていない。メリッサがいれば弓のエインヘリャルの時のように銃を交換して積極的に攻勢に出られるが、メリッサがいない。

 メリッサを探すか? いや奴のことだ無抵抗のメリッサを真っ先に狙うだろう。僕はメリッサを傷つけることは絶対に避ける。メリッサは僕が守ると誓ったんだ。残り26発でコイツを仕留めなければならない。

 どうする? もう一度考えるがコイツの身体能力は異常だ
 僕にとって一番苦手な敵かもしれない。コイツと戦える作戦が思い浮かばない。
 とりあえず奴の攻撃パターンがわかるまで自分も身を隠そう。僕は奴に対して反対側の道の角に体を隠して動向をうかがう。

 どこから出てくる……? 音が全くしない。夜の闇に街は静かに眠っている。辺りを見渡す。どこだ、どこから来る……?

後ろを向いたその瞬間、布がはためく音がする。上か! 僕はとっさに銃を上空に構えセミオートで撃つ。ドンと銃声が鳴り響くとともにからりと薬莢が固い石の床に落ちていく、辺りは静かだ。
 奴にあたらなかったが少しひるませることができたんじゃないのか? その間に奴と間合いを取る。ザメハは獲物を逃がすまいとすごいスピードで追って来た。
  
 僕はトリガーを絞る。ザメハは銃口から弾道を見切っているのかかまわず走り込んでくる。
そして僕に向かってショートソードを振り下ろしてくる!  僕はMP7A1で刃を止めた。ガギーンと固い物同士がぶつかった音がした。僕は奴に対して蹴ろうとしてきた。だが、ザメハは距離を取り構え直しこちらへと向かってくる。

 僕はバースト射撃で奴を攻撃する。ガガガとなだれ込んでいく銃弾。しかし、奴は横に移動し難なく避ける。後21発。ザメハは身を隠しまた闇に体を潜める。息のつく間のない攻防。心臓が止まっててよかった。心臓が動いていたら呼吸困難でぶっ倒れていたところだ。

 奴はどこに行った。僕も木箱の裏に身を隠しザメハの動向をうかがう。辺りが静まったその時、ザメハはこちらに向かって直進してきた。

 奴に向かって銃口を定めると、それを見計らっていたのだろう斜めに移動し壁を蹴り大きく飛び上がり上空から僕を襲う。

 僕は銃を放つが弾はザメハの頬をかすめるのみ。奴はひるまず襲いかかってくる。きらめくショートソードの刃。MP7A1でショートソードを止めるが奴に力任せに倒され、上乗りで刃をこちらに向けてくる。

 蒼く月の光に照らされ僕の血がべっとりとついたショートソードが妖しく光り僕の顔元へ向けられた。
 僕はMP7A1の手を放し両手で奴の刃を止めようとするが、ザメハは片手でショートソードで突き刺そうとし、もう片方の手で僕の顔を殴りつけてきた。

 一方的になぶられる僕の頬。奴の攻撃を必死に止めようとするが筋力が違いすぎる。力任せに刃は喉元に突きつけられる。僕はとっさに手を緩めショートソードを避ける。

 そうするとガギンと音を立て石畳にショートソードは跳ね返り奴の手元が狂う。僕は頭突きを何度もぶつけ少し間合いができたところに何度も蹴りつける。

 殴られたせいで視界がぼやけている。ザメハは体勢を立て直しこちらに向かって中腰に構える。その瞬間、見えない剣先で僕は頸動脈を切られた。

「はい終了、おっさんの負けね」

 飛び散る血しぶき、体の力が抜ける。僕はMP7A1を拾い奴に一撃でも食らわそうとするが構えることもできず、石畳の地面に仰向けに倒れた。

 月が蒼く光っている……。  

続く
次→第三十九話 覚醒
前→ 第三十七話 ザメハの笑み
第一話→現実世界
まとめ→ノベル