終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア 第三十九話 覚醒

第三十九話 覚醒

またこの感覚だ落ちていく落ちていく。
暗い海の中。聞こえるのは掃除機の音。
布団の中で思い浮かべるのは布でできた銃の形。

そうだ小さい頃僕は銃の形を知らなかった。
見たことのない銃や飛行機の形、でっかい恐竜の姿。
貧しい僕は布団をかぶってイメージしていた。
実際に目にすることができないから布製でできている。

邪魔だから外へ行けとせかす母親。
近所のおじいちゃんが一緒に恐竜の映画を見に行こうと誘っている。

僕は一人、水鉄砲で遊んでいた。構え方がわからずに適当に草むらを撃っている。
僕はヒーローになりたいわけではなかった。ただ、自分の湧き上がる自らの激情に身を任せたかった。そんな貧しい幼少期。

その時浮かべた夢のような出来事が今広がっているではないか。
刺激のある毎日。憎い敵。守るべき愛する少女。
僕は満たされている。満たされている。

そうだ、この充実感が僕の求めていたものだ。
湧き起こる激情。波のようにうごめく感情。

 やれる、やれるぞ。ゆっくりと目を見開き確認する敵の姿。僕は現実世界に戻ってきた。

「おっさんおはよう、また遊ぼうや」

  奴があいさつするやいなや、僕はいきなりザメハの足にタックルする。バランスを崩すことはできなかったが壁に追い詰めることができた。手にあるMP7A1でザメハの脇腹を撃つ。

 鳴り響く銃声。じわりじわりと奴の革の服が脇腹から赤く染まっていく。突然のことにザメハは崩れ落ちた。

「てめ……」

 僕は一気に距離を取り、相手を見定める。ザメハは闇に潜めるがしたたる血の跡でどこにいるか居場所がわかる。
 後19発で奴を倒さなければならない。弾は節約しなければ。ザメハは物陰をつたってこちらにやってくる。きっと今撃っても当たらないだろう。
 奴と僕とが少しずつ距離が縮まったその時、奴は僕の足を切ろうとして低い体勢で僕に斬りかかる。すっと僕は体を投げ出し奴の攻撃を避けた。だが、奴の剣が空を切ったあと僕に追撃を加えようとする。

 それに対し、僕は奴に向かって銃を構えた。身をひるがえした奴は、距離を取り闇に潜めた。途端に壁を蹴り上空から襲ってくる。僕は距離を取り銃口を奴から放さない。冷静だ、驚くぐらいに。

 ショートソードを空ぶらせるとそのスキに奴に一発撃つ。静寂の夜に鳴り響く銃声、瞬間、奴の体が一瞬はねとぶ、当たった。ザメハは構え直しゆらりと剣を動かす。まずいあの剣戟(けんげき)だ。ぼくは喉元を狙われるのを避けるため後ろに飛び退いた! ビュン! と音がし曲がりくねった残像が僕の喉を襲う。手を当てると切りつけられており血で真っ赤に染まっていた。どろりと血が流れ落ちていく。

 一進一退の攻防。途端に僕に頭痛が襲ってくる。

 Valhalla System link ..O.K

 何だ急に文字が浮かび上がってくる。

category Melissa checking ..O.K

 頭の中がおかしい何が起こっているんだくそっ! ザメハは怪しがってこちらの様子を見てゆっくりと距離を縮め襲ってくる。それに対し僕は全力で逃げ出す。

 downloading …O.K

 ザメハがすごいスピードで追ってきた。道に立てかけてある道具や樽を蹴り飛ばし奴の進行を止めようとする。だが奴は止まらない。どうする!?

 installing …….O.K

 奴からショートソードが振り下ろされた。僕はMP7A1で止めるが、奴は攻撃の手を緩めない! どうなっているんだ、この状態は!?
 expending …O.K

 奴はゆらりと剣を構え直す。まずいあの剣戟(けんげき)がくる。必死で逃げるが、奴のほうが足が速い。どうする? どうする?

 checking …O.K

 ザメハの見えない剣先が襲ってくる!
ヒュン!

 O.S LOST TECHNOLOGY start…

途端に体の動きが軽くなる奴の剣戟を飛び上がるように退き、奴のショートソードが空ぶる。
なんだ!? どうしたんだというんだ、急に体が軽くなった。なんだ、何が起きている――?

「なに? 俺の剣を避けた? バカな……」

 自分でもどうして避けられたのかわからない。頭に浮かび上がってくる文字は何だ? わけがわからない。

 ザメハはこちらの様子をうかがっている。そしてもう一度構え直し、また見えない剣が襲ってくる! 僕はその瞬間に奴に素早く蹴りを入れ、ザメハがひるんだところ銃を構える。
体が羽のようだすごく心地よい。

 ザメハは一度距離を取りまた闇に隠れる。どこだどこからくる? 奴の血の跡からどこにいるかわかる。だが問題は奴のスピードだ。あんなスピードで近寄ってこられたらSWATでもSEALsでも当てられっこないぞ。奴はスピードに乗りこちらに近寄ってくる。

 その瞬間僕の手が奴に合わせて銃口を定めていく。静かに引き金をしぼる僕。

――そして一つの銃声が時を止めた。

 自分でも今起こった出来事が理解できなかった。猛スピードで近づいてきた、ザメハのふとももを僕は狙撃していた。ザメハは痛みに苦しみながら転ぶ。

「ぐあ! 何だ何が起きているんだ!?」

 ザメハは叫ぶ。何が起こったのか僕にも理解不能だ。そして、頭に文字が流れてくる。

 WELCOME TO LOST TECHNOLOGY WORLD!
 Thanks, You selected me by Melissa Valkyrja.

続く
次→第四十話 ロストテクノロジー
前→ 第三十八話 ザメハの笑み②
第一話→現実世界
まとめ→ノベル