終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第 四十話 ロストテクノロジー を更新しました。

第四十話 ロストテクノロジー

 OS失われた遺産(ロストテクノロジー)? どういう意味だ。混乱しながらも僕はザメハから銃口をはずさない。
よろめきながら立ち上がるザメハ、銃弾を受け足を引きずっていた。よく見ると地面には血がべっとりついており筋肉を貫通したようだ。呼吸を整えたザメハはショートソードを構え直し襲いかかってきた。

 僕は脳内からザメハの剣の軌道のデータを読み込む。動体視力の関係で僕が認識できなくとも、見えなかった剣の軌道がわずかな映像として脳内にデータとして残っていた。それを分析すると、奴の間合い、距離感、剣の長さ、すべてを計算して、僕の目には見えない剣が感覚として理解できる。

 奴は僕の顔に向けて斬りかかってきた。僕は顔をずらし紙一重でよける。つづく連撃。袈裟(けさ)斬りに斬りかかってくる僕はと一歩引き、空振りさせる。ザメハが僕の腹に向けて刺しに来ると身をひるがえし両手で奴の刃をとめ、みぞうちに肘をうちこむ。距離が開いたそのスキに肩にセミオートで撃ち込んだ。

 銃弾がザメハの左肩に直撃し貫通する。血が飛び散り、肉片が壁にべっとりとつく。

「がああ――――!」

 あと16発。ザメハは肩を撃ち砕かれても戦闘意欲を失っていない。僕がダメージを受けたときも思ったが、エインヘリャルは人間よりもずっと耐久力があるだろう。うかつに無駄撃ちして弾を減らさなくて正解だったようだ。

 ザメハは距離を取って闇へと身を隠す。僕は脳内のデータから奴の動きの映像を読み込み一つ一つの映像を並列化し脳内で分析する。そこから奴の移動パターンを分析しこれから動く未来を予想する。

 その結果から僕はセミオートで丁寧に弾幕を張る。ドッ! ドッ! ドッ! ドッ!
小気味よくなる銃声。これで奴の行動範囲を限定し移動場所を誘導していく。そして奴が来るであろう場所にあらかじめ銃口を構えておく。

 こうすることで奴がどんなにスピードが速くても銃でとらえることができる。ザメハが僕のリアサイトに飛び込んだときセミオートでうちこむ。するどい銃弾が右肩をとらえた。奴の動きが止まった瞬間、右手に向けてバースト射撃をおこなう。MP7A1の銃声がドドドっと雪崩をうってうなっていく。

 全弾命中。奴の右手はふっとびショートソードが宙に舞う。

「ぐおお――、あああ――!!」

 ザメハはもがき苦しむ。ボロボロの体でうずくまり、痛みをこらえきれない。僕は奴にとどめを刺そうと銃を構える、すると、

「うああ――――!!!」

 ザメハは戦闘意欲を失い逃げ始める。武器を失うということは、まあ、そういうことになるだろう。僕も経験したことだ。みやげにセミオートでザメハの背中を打ち抜いておく。体がビクンっとはねとぶ。 あと7発。

 こういう状態ならメリッサと合流してもよかったが、せっかく奴を見つけてこのまま逃がすのはもったいない。残弾7発で追撃にいく。

「あああ――――!」

 ザメハは情けない声で逃げ回った。木箱やら樽やら近くにある道具を投げつける。僕は銃口が奴を逃さないよう慎重に追跡した。

 奴は酒場の中に入っていった。人を盾にして厨房に入り込む。人を押しのけ、僕はザメハを逃がさないよう気をつけて銃を構えた。
奴は厨房からナイフを見つけて左手で振り回す。酒場がざわめく、なんだケンカかと辺りは騒然となり、勢いでとなりにいた酔っ払いの客にザメハは殴られた。

 倒れたところ、がたいの良い男たちに囲まれて殴られ続けた。僕は他人に当たらないようにするために銃を発射することができなかった。

 ザメハは必死の思いで酒場の裏口から逃げ出す。僕は人をかき分け奴を追った。奴は太ももを怪我している。万全のときのようなスピードはでない。

 狭い道を通り民家へと奴は入っていく。しまった。これから起こることを想像する。奴を泳がせすぎた。まさか? そう思って民家に入ると僕と同じ年ぐらいの男と女が血を流して倒れていた。

 固唾(かたず)をのんで奴の足取りをつかもうとする。寝室にはいなかった。裏口から逃げた形跡はない。窓は男が入れるほど大きくない、この民家にいるはずだ。

 キッチンを探ると地下につづく階段があった。血の跡が続いていた。奴に裏をかかれないように慎重に中に入る。

 地下はそこそこ広く、道具やら箱やらが雑多に置かれていた。暗くてあまり見えない。僕は一度引き返す。棚をあさり、ランプをもってきて灯りをともす。暗い影に血の跡が見えた。

 その影に灯りをともすと赤毛の男の姿が大汗をかいてしのんでいた。

「ここで終わりだザメハ」

 僕は奴に語りかけた。

「ふ、ふはははっははっはははは」

 急に笑い出すザメハ。

「何がおかしい?」
「おっさんがなんで急に強くなったのかはわからない。だが、ゲームはおっさんの負け」
「どういう意味だ」
「こういう意味さ!」

 ザメハは灯りの下へ少女の顔をみせつける。奴は少女の首元にナイフを突きつけていた。少女は金髪でそばかすがあり、恐怖であどけない顔を引きつっていた。

「おねがい、誰か助けて! なんでもします! なんでもしますから!」
「ほらよ、何でもするって言っているだろ女、子どもってみんなそう」
「僕には何をしゃべっているのか全くわからないが?」
「表情見ればわかる、100人ぐらい殺したときから恐怖でどんなこと言っているか、なんとなくわかるんだよ」

 少女を人質に取り、余裕の笑みを浮かべるザメハ。

「おっさんそのおもちゃを捨てな! そうしたらコイツを放してやるよ」

 暗闇の中、僕とザメハの最後の戦いが始まった。

続く
次→ 第四十一話 選択そして
前→ 第三十九話 覚醒
第一話→現実世界
まとめ→ノベル