終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア 第五十三話 砂城の愛③

 セルモアが鎖のついたおもりを支えている、木のつっかえ棒を外すとさっき来た扉が閉まる。

「この城壁は特殊でね。ここに来た人間を閉じ込めるために、罠を張っているんだ。こちらの扉を閉めると、跳ね橋の向こう側から扉を開ける仕掛けを動かさないと、扉が開かないようになっている」

 退路は断たれた、そう言いたいのか。

「さてここでお立ち会い。右手と左手に一方に炎柱の罠が仕掛けています。さあ、君たちはどちらに進めば良いかな?」
「そんなのお前を殺せば関係ないだろ」

 苛立っていた僕は、こんなゲームをなどする気はさらさらなかった。

「もちろんそんなことしようとすると、僕は逃げるよ。罠が仕掛けてある場所をわざと通って、君たちを殺すかもしれないね」

「佑月、武器を変えろ銃なら、子どもぐらいなら仕留めやすいだろ」

 後ろを振り向くとメリッサがいた。僕は呼びかけを無視した。敵の目の前で武器を変えるのを見られるのは厄介だと考えたからだ。

 幸運にもセルモアに見られたのは、一回サーベルを出すときだけだ。こっちをサーベル使いだと思っているだろう。

 下手に武器を変えるとやつに対策をとられるかもしれない。もちろんこんなゲームに乗る気はない。どうにかしてサーベルで仕留める隙を与えられないものかと思案を巡らせた。

「佑月! どうしてなんだ。そんなにも私が嫌いになったのか!」
「メリッサ、少し黙っててくれ!」

「佑月そこまで私のことを信頼できないのか……?」

 メリッサの声が震えているのがわかる。そっちの問題はあとだ。この場を上手く切り抜けるにはどうしたものか。少し思考が変じゃないかと心のどこかで囁く。自分のことしか考えていなかった。

 どうすればいい……。

 やつがルールを守る人間だと思わない。やつの言葉を信じるわけにはいかない。かといって、メリッサの言うとおり武器を変えると、奴は迷わず逃げるだろう。

 どれだけ罠が仕掛けているかわからないこの場所で、追いかけっこするのはあまりにも危険すぎる。

 どうする……?

「ほら、どうしたのおじさん、さっきみたいにトリッキーな手で切り抜けて見せてよ」
「だまれ」

 僕は言葉を選んでいる余裕はなかった。僕の異変に気がついたのはメリッサだった。

「もしかして、考えがまとまらないのか?」

 僕は無言でその言葉を流す。そうだその通りだ。メリッサを守るという目的があったから、どんな困難でも乗り越えてきた。心の中でメリッサへの信頼が揺らいでいる。

 そんな中で奇策を思い浮かべられるほど、僕はできた人間じゃない。

 本当はメリッサのことで頭がいっぱいだった。彼女の本当の気持ちが、知りたくてどうしようもなかった。とりあえず打開しなければならないのはわかっているが、頭が回らない。

「そうか……わかった……」

 メリッサがそうつぶやくと右手方向に向かい、

 「信じているから!」

 そう満面の笑顔で右手方向に走り込んでいく。どういうつもりだ? 僕はぞっとする思いで止める。

「やめろ! メリッサ!」

「私は佑月のこと信じているから! どんなときだって私を守ってくれると信じているから!
 好きだよ! 佑月!」

 どんどん、メリッサの影が遠くなっていく、やめろ、やめてくれ、メリッサが苦しむ姿を見たくない。

「やめろ――――――――――――――!!」

 僕の言葉も虚しく、メリッサの足下から炎柱が上がり、彼女を炎が包む。最後に見たメリッサの姿は、純粋に微笑む少女だった。

「メリッサあああ――――――――――――――――!!!」

 炎が消え、残っているのは消し炭だけだった。

「あはは――――――――――! ホントに飛び込んでやがるの! バカだなあ! 両方仕掛けてあるに決まっているだろ!」

 セルモアの笑い声が城壁内に響く。

「ちなみに何重にも炎柱は仕掛けてあるから! 全くの無駄死に! 滑稽だなあ! 好きだよ! だって、バカ女頭に何かわいているんじゃないの!」

 クソ、メリッサをあんなにも追い詰めたのは僕だ。彼女の気持ちを考えてちゃんと話し合えば、もっと簡単にこの状況を打開できたはずだ。――これは僕の責任だ。後悔の念に僕は包まれた。

「メリッサ・ヴァルキュリア、貴女そこまで……」

 ミリアは衝撃を受けている。これがメリッサの愛の形だ。自分を犠牲にして僕を導く。不器用で純粋で、キラキラ光った愛情の形。何で気づかなかったのだろう、いつも僕の前に立って守ってくれた。

 不器用だけど、彼女なりの愛の形、忘れてしまっていた。愚かな自分を責める。彼女が僕を愛していないわけ無い、彼女なりにヴァルキュリアの秘密について悩んでいたに違いない。

 いつも側にいてくれたのに、なんで気づかないんだ、僕は!

「あはは――――――――! ホント女ってバカだな! 救いようがない!」

 セルモアの笑い声がこだましてくる。だまれ、メリッサはお前の思惑など見抜いていただろう。自ら炎柱に飛び込んだのは、僕に覚悟を決めさせるためだ。

 メリッサを生き返らせるためには、僕が絶対に生き延びなければならない。どんな手を使っても……。

 心に静寂が戻ってくる。徐々に頭がさえてきた。メリッサを守る、目的ができると僕は頭が切れてくる、そういう人種のようだ。何が何だろうと生き延びる。腹は決まった。僕はつぶやく。

「僕の負けだ……」

 膝をつきサーベルを置き、地面に手をつく。からりとサーベルの音が、無音の中響き、驚いた様子でセルモアとミリアが、僕を見下ろした。

 ――よし、まずは一段階クリアだ。

次→第五十四話 砂城の愛④
前→第五十二話 砂城の愛②
リスト→小説