終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア 第五十四話 砂城の愛④

「ははっ、今度は命乞いかい?」

 僕はにやりと笑う。誰が命乞いなどするか、演技に決まっているだろ。まずはサーベルを置き、セルモアの警戒心を解かせる。

 そして、勝負が決まったと思わせる瞬間、僕は腰の後ろに下げていたショートソードをミリアの喉元に突きつける。

「だがどうせ死ぬんだ、この女を切り刻ませてもらう」

 僕が言い放つと、ミリアとセルモアが動揺する。

「やりなよ、ミリアがどうなろうと知ったことじゃない」
「そんな……」

 セルモアがそう応えると悲しそうにするミリア。それに対して僕は”落ち着いてくれミリア”と囁く。

「えっ……」と動揺した声を漏らすミリア。小さな声で”取引がある”と僕は言う。

 一方でセルモアにさらにたたみかける。

「ホントにそう思えるのか……?」
「なにがいいたい?」

 この状況を打開するには第一条件として時間稼ぎをすること。時間がかかれば騎士と貴族たちが罠を解除して跳ね橋を下ろしてくる脱出口ができると言うことだ。なら、ミリアに協力してもらえば良い。彼女に”セルモアを捕らえる代わりに、僕に協力をして欲しい――”と本音を語った。

「ヴァルキュリアが死ぬとどうなるかわかっているのか?」
「君みたいにバカになるのかい?」
「本当に知らないらしいな……」

 僕は意味ありげに含んだ言い方をする。ヴァルキュリアが死ぬと困るのは、僕みたいに武器を交換するタイプだが、おそらくセルモアには関係ないだろう。

 はっきり言ってブラフだ。”どうすればいい? ユヅ……”とか細い声で応えてきたミリア。

  ”僕の合図でセルモアに飛びかかってくれ、奴の動きを封じている間、僕が奴の喉元に剣を突きつける――”と言うので、彼女は”そう、わかった”と答えてくれた。――よし。

「もうやりたいなら、やっちゃいなよ、ぼくはそれでいいから」
「そうか、残念だったなミリア」

 そこにミリアが割って入る。

「ちょっと待ってよ、セルモア貴方は私のパートナーでしょそれでいいの?」
「どうせ生き返るんだから、どうなろうとぼくは知ったことないね」

「なんですって! 貴方が言うから城の乗っ取り計画に参加したんじゃない。私はそんなことしたくなかったのに!」

 第二条件、ミリアを味方につけること。ミリアを味方につけるとこの城の騎士たちは言うことをきく。やろうと思えばセルモアをリンチできる。

 僕はまくし立てる。

「それは計画通りに行って楽しかっただろうな、セルモア」

 セルモアは不満げに、

「何が楽しいものか、このバカ女が何度となく、止めようとか、本気で好きになった……とかほざくからさ。ぼくはそんなくだらないことをきくたびに、本当に炎で焼き尽くしてろうかと思ったほどだよ」

 ミリアの表情が変わる。

「ほう、女は難しいな」

 わざと僕は同調する。

「難しいのじゃなくてバカなんだよ、ちょっと男の顔が良ければ好きになって優しくされたら、もう奴隷。なんでこんなくだらない生き物を創ったんだろうね、神は」

「しかも笑い事のように男の方も本気になって、だまされてるとも知らずに、とち狂ってさ。バッカじゃないの。所詮愛なんてくだらないゲームなのに、本気になって命がけで、それでもって結局死亡って、本当無様な奴だったな、救いようがないバカだったね、ははは!」

 セルモアの笑い声が響くとシーツにくるまったミリアの手が僕の服を握った。徐々に強く握りしめていく。

 セルモアのあおりは続く、

「ホント、ヴァルキュリアってクズみたいな生き物だね。勝手に惚れて、しかもやれません、でも私を好きになってー、ってどんな拷問だよ」

「さらに、恋している最中は普通の女ぶって男を誘惑してさ、ははっ、最低だよね。欠陥品ですごめんなさいって、はっきり言えよ。女として価値がないんだからさ、気持ち悪いんだよ」

「それにだまされる男もクズだよね、だって無価値の恋愛して一歩間違えれば死ぬって、それを受け入れたメンフェスは、よっぽどのクズだね。領主のくせに跡取りとか考えない自分勝手なクズだよ、はははは」

 ミリアは唇をかみ口元から血が流れている。体は震えている。

「それでもエインヘリャルはヴァルキュリアがいないと、どうしようもない。それは事実だ」

 僕が口を挟む。言いたいことを言ったセルモアは飽きた様子で、

「君の言っていることよくわからないや、もうどうでもいいよ」
「本当にそう思えるのか、自分のヴァルキュリアが切り刻まれるのだぞ」

 セルモアは笑い出して、

「君なんか忘れてない? そこにいるのはぼくのヴァルキュリアだよ。ぼくの言いなりさ。もういい、ミリア。捕らえろ」
「ええ……わかったわ……」

 そう言うとミリアは僕の関節を逆にひねり上げ、投げ飛ばし、地面に落ちたサーベルをとる。これは逆に僕の方が動揺した。何故だミリア……こんな奴に協力するのか――? 落ち着く間もない。

 そして――
 彼女は僕の右の腹を刺した。

「おい、なにをやってるんだ」と今度はセルモアが呆気(あっけ)にとられた。

「ミリア……本気なのか……?」

 僕は腹を抱え膝をついてミリアの顔を見る。それは鬼の女の顔に見えた。歯を食いしばり眉を逆立て目が血走っている。女というのはこんな表情をするのかと僕は凍り付いた。

「おい、バカ。ヴァルキュリアがエインヘリャルの戦いに積極的介入すると、ぼくの方に災難が来るんだろ――何やって――」

 セルモアの走った声をさえぎるように、ミリアは即座にセルモアの腹にうずくまる。何も言わない。見ると、無言でサーベルを奴の腹の中に突き入れていた。

「どう? パートナーに裏切られた気分は?」

 ミリアはもう一度ゆっくりとサーベルを持つ右手を挙げ、セルモアの胸を深々と刺した。セルモアは何が起こったのかわからない様子で奴自身の胸のあたりを見る。――サーベルが胸を貫いている。

「ミリア……お前……自分で何やっているかわかっているのか……?」
「……平常よ」

 セルモアは口から血を吐きながらミリアに助けを乞うように見つめる。 対してミリアはこう言い放つ。

「――そうよ、思い出したようねセルモア。もし、相手のエインヘリャルをヴァルキュリアが攻撃したとき、因果律が狂って貴方自身に災厄がおこるということを――!」


次→第五十五話 朝日
前→第五十三話 砂城の愛③
リスト→小説