ダークファンタジー, 小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

第二十五話 二人の距離

 日は沈み辺りはすっかり夜だ。薪(たきぎ)を囲みながら僕とメリッサは夕食を済ますと、真っ赤に燃える火をぼうっとみつめていた。

 会話がない。何か言われることを覚悟しておいたが、メリッサは何も言わない。 ...