終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア 第二十八話 戦慄

第二十八話 戦慄  金髪の大男は勢いよく殴りかかってきた。僕は寸前でなんとかかわす。拳は僕の後ろの壁に突き進んでいく。  どういうことだろうか、目を疑う現象が起きた。素手で壁を大きく砕き、壁に突き刺さっていた。大男はのそっりと壁から手を引き…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア 第二十七話 フリューナグの第一歩を更新しました。

第二十七話 フリューナグの第一歩  フリューナグにつくと僕たちは検問にあった。街の入り口に兵士たちがおり、僕たちをにらむ。メリッサが兵士に自分たちの立場を説明しているのだろう、長い時間僕は待たされた。よくみると何やら手紙みたいな物をメリッサ…

着物の美少女

[お知らせ]無事サイトの運営ができるようになりました

ご迷惑かけて申し訳ありません。無事サーバー代の支払いがすみ、運営を続行できるようになりました。これからもよろしくお願いします。

no image

[お知らせ]サイトが一時期止まります

申し訳ありません。サーバー代の支払いが滞っていますので、 サイトが一時期つながらないようになります。10月中旬に復旧する予定なので、 皆様のご理解をお願い致します。

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア二十六話二人の距離②を更新しました。

第二十六話 二人の距離②  僕とメリッサは森の中で腕を組みながら歩いていた。誰も見ていないが何か気恥ずかしい。 昨日の今日だ、まるで中学生のような気分だ。それに対し、メリッサは何か民族音楽みたいな歌を歌っている。  きれいで透き通った声。小…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第二十五話 二人の距離

第二十五話 二人の距離  日は沈み辺りはすっかり夜だ。薪(たきぎ)を囲みながら僕とメリッサは夕食を済ますと、真っ赤に燃える火をぼうっとみつめていた。  会話がない。何か言われることを覚悟しておいたが、メリッサは何も言わない。ただじっと火を見…

厚塗り講座2_4

[感想]パルミープレミアム講座 厚塗り講座、色塗り講座 を受講しました+イラレポ

厚塗り習得のためパルミープレミアム講座の厚塗り講座と色塗り講座で学んだことをレポートします。 厚塗りは難しく、僕自身、厚塗りで描いた経験が浅いためまだつたないですが、なんとか一枚のイラストが描けるレベルまで頑張りました。 独特な技法が必要な…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第二十四話 森は笑わない④

第二十四話 森は笑わない④ 「そんな顔をするな……私が……望んで……やった……こと」  メリッサは僕の頬をゆっくりなでながら優しく微笑んだ。 「違う!僕のせいだ僕がいたらなかったせいで君を傷つけた」  メリッサは少し咳き込みながら、 「何を…

イラスト上達講座3_8

[感想]パルミープレミアム講座キャラクターイラスト上達講座を受講しました。+イラレポ

こんにちは、パルミープレミアム講座キャラクターイラスト上達講座を受講してのレポートを掲載したいと思います。 今回の講座の講師の方はソーシャルゲームでイラストレーターとして活躍している流行りの絵柄を描く講師の方でとても絵が上手かったです。イラ…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第二十三話 森は笑わない③を更新しました。

第二十三話 森は笑わない③ 剣戟(けんげき)が僕を襲う。身をひるがえし、僕の肉を食らおうとした刃は空を薙ぐ。その中にメリッサが割り込んできた。 「何をやっているのかわかっているのか! 金髪のヴァルキュリア!」 威風堂々、吊された裸の少女はそ…