終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十六話 メリッサの夢②

第十六話 メリッサの夢② 「もううちの主人たら、ヤキモチ焼きで困っちゃってー」  メリッサとのデートは痛かった。別の意味で。 「でもでも私嬉しくってうちに帰ってチューしちゃったんですよー」  メリッサは市場で店の主人と話している。無論、僕に…

女の子の描き方

パルミープレミアム講座 女の子の描き方 第一回を受講しました+イラレポ

パルミープレミアム講座女の子の描き方講座を受講しました。 第一回は女の子の顔の描き方を教えてくれました。お手本は可愛いキャラクターデザインでどうやって女の子のかき分けるかを重点的に学べます。動画の時間は約一時間半。 講師の方が描きながら気を…

背景イラスト入門講座

パルミープレミアム講座 背景イラスト入門 第三回を受講しました

パルミープレミアム講座背景イラスト入門第三回を受講しました。 今回は人物に合わせるラフの決め方パースにの決め方など模写で学習出来ないテクニックが満載でかなり勉強になりました。 内容はだいたい以下の通りです。 1、構図を決めるそして、水平線を…

鎧少女

パルミー無料講座 鎧の描き方と厚塗り イラレポ

こんにちは厚塗りメイキング講座のイラレポを投稿します。女騎士を描きました。 厚塗りになれておらず苦労いたしました。鎧の質感はかなり気をつけて描きまして、 ある程度表現出来たと自分では評価しております。ですが鎧のデザインがやはり描き慣れていな…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十五話 メリッサの夢

  第十五話 メリッサの夢 「ふふ、よく食べるよく食べる」  昼、僕の隣でメリッサは町に流れる川の魚にパンくずをやっていた。本人いわく、この時代のパンは貴重でパン一斤で人殺しが起きると言っていたのに、それを惜しげもなく川の魚に与えている。 …

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十四話 紅い月のもとで④ 

  第十四話 紅い月のもとで④  老婆が部屋の中の獲物を見る。そこには銀髪の少女がいた。 「なっ!?  エインヘリャルはどこに行った」  メリッサが笑う。 「ここだよ」  僕は空き家の屋根から降り老婆の後ろを取る。その瞬間、老婆の後頭部を武…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十三話 紅い月のもとで③

  第十三話 紅い月のもとで③  ヴァルキュリアと交換しただと、まさかメリッサと? いや違うな、元から脚力があった。  そうか! 宿の部屋でメリッサが刺されたとき、メリッサはその異様さに気づいたんだ。  メリッサは武術の心得がある。不意を突…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十二話 紅い月のもとで②

第十二話 紅い月のもとで② 「坊や影が少し見えているよ」 ひっそり老婆は呟く。 僕はかまわず一心不乱に老婆にバースト射撃を行った。 激しい音が夜の静寂を破る。連続に弾丸が放たれて反動で手がしびれた。石造りの外壁をこながなにしていく。ゆらりと…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

年の差カップル純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十一話 紅い月のもとで

第十一話 紅い月のもとで 「メリッサ・ヴァルキュリア、僕に力を貸せ――」 メリッサの目が碧から金色に変わり世界が青く歪む。 「――イメージしろ、お前は何を思い描く? ――」 僕はMP7A1をイメージした。そして彼女からそれを手渡される。MP…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

年の差カップル純愛異世界ダークファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第十話 つかの間の休息 を更新しました。

第十話 つかの間の休息 目が覚めるとそこには、涙ぐんだメリッサがいた。 「よかった! 無事で」 ああ、そうか僕は敵にやられて、命からがら逃げ出したんだった。メリッサが僕を強く抱きしめる。僕は彼女の頭をそっとなでた。 「私が悪かった。盾になる…