ダークファンタジー

終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア 第四十八話 幸せの意味③を更新しました。

 ……夢。夢を見ている。メリッサがウェディングドレスを着ていて、僕に優しく微笑みかける。それは神聖な時間。彼女はそっと目を閉じ、こうつぶやく、”愛してる”と。彼女の濡れた唇が僕の口元へ届き、そっと時が止まった。最高の夢だ。ああ、神様、いるんだったらこの夢が覚めないように。そう、僕は願った。ふと目を覚ます。目を見開くと、何故か視界がメリッサでいっぱい

終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア第四十七話 幸せの意味②を更新しました。

 宿に泊まるとメリッサは疲れたといってすぐ寝てしまった。旅の疲れもあったのだろうベッドに入るとすぐに寝てしまった。僕たちは一つの狭いベッドで寝ていた。そういえばお休みのキスしかしてない。可愛い彼女の顔見ているとつい興奮してしまうが、まあ、でも、抱き心地が非常にいいので、かまわずメリッサをギュウッと抱きしめて寝た。彼女の口からは寝息がすうすうもれてい

終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア第四十六話 幸せの意味を更新しました。

「君は一体……?」 僕は動揺を隠せなかった。こうして、会話ができるということはヴァルキュリアかエインヘリャルということだ。「ええ、申し

終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア第四十五話 神話を更新しました。

 日が差し緑が生い茂る森の中、動物たちが驚き慌てた。けたたましい銃声が空気を打ち破ったからだ。僕は伏せ撃ちの体勢でスナイパーライフルで狙撃の練習をしていた。 目視で伏せ撃ち、約250mの距離から的を撃った。木を削って作った的に近づく。みたとこ

終末のヴァルキュリアのイラスト

終末のヴァルキュリア第44話 「不安」を更新しました。

 この街でしばしの時間が流れた。メリッサとゆったりとした時間。それが僕にとって何よりも暖かい日差しを浴びるかのように、みるみると生気をあたえてくれた。僕はついに調子を取り戻した。 あるとき、メリッサは教会に行こうと言い出して、僕は連れられて教会に行く。「メリッサ、奴の言うことを信じると教会の中にヴァルキュリアかエインヘリャルがいる。気をつけてくれ」 ザ

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

終末のヴァルキュリア 第四十一話 選択そして

「さあ、どうする? おっさん」 ザメハは少女に刃はをあてて、そして首筋からうっすらと血が流れるいく。やつは本気だ。「勘違いしてないか?

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第 四十話 ロストテクノロジー を更新しました。

第四十話 ロストテクノロジー

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

終末のヴァルキュリア 第三十八話 ザメハの笑み②を更新しました。

第三十八話 ザメハの笑み② 「おはよう、おっさん。また、おっさんと遊べて俺嬉しい」  僕が死からよみがえると赤毛で筋肉のついた若い男が目覚めの挨拶をする。すぐさまザメハに向かって問答無用でバースト射撃をおこなう。けたたましく銃声が鳴り響くが…

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

終末のヴァルキュリア 第三十七話 ザメハの笑みを更新しました。

第三十七話 ザメハの笑み暗い闇。闇が僕を覆う。 体が黒い海に沈んでゆく。 体が動かそうとしても動けない。 落ちていく、落ちていく。 無数

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

終末のヴァルキュリア 三十六話 教会の扉を更新しました。

第三十六話 教会の扉 扉を開けるとそこではメリッサが食事をしていた。テーブルの上には豪華な装飾をした大皿にでっかい鶏肉だろうものが乗っかっている。それをメリッサはナイフで切り分けて手づかみで食べている。パンも上質そうなパンで僕が食べていた黒いパンとは大違いだ。