イラスト, パルミ-プレミアム, パルミー

厚塗り講座2_4

厚塗り習得のためパルミープレミアム講座の厚塗り講座と色塗り講座で学んだことをレポートします。

厚塗りは難しく、僕自身、厚塗りで描いた経験が浅いためまだつたないですが、なんとか一枚のイラストが描けるレベルまで頑張りました。

小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ
第二十四話 森は笑わない④

「そんな顔をするな……私が……望んで……やった……こと」

 メリッサは僕の頬をゆっくりなでながら優しく微笑んだ。

「違う!僕のせいだ僕がいたらなかったせいで君を傷つけた」

...

パルミ-プレミアム, パルミー

イラスト上達講座3_8

こんにちは、パルミープレミアム講座キャラクターイラスト上達講座を受講してのレポートを掲載したいと思います。

今回の講座の講師の方はソーシャルゲームでイラストレーターとして活躍している流行りの絵柄を描く講師の方でとても絵が上 ...

小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

第二十二話 森は笑わない②

僕はゆっくりと敵に近づこうとした。

「そこには罠が張ってあるぞ」

 メリッサの声がした。僕は足下を見る、トラバサミだ。危ない、慎重に進む。しばらくすると、メリッサが何やら合図をしている ...

小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

第二十一話 森は笑わない

 光の閃光が木々を破壊する。巨木すら粉々に砕けあたりが更地になっていく。僕はメリッサに肩を借りて光の嵐を過ぎようとした。

「メリッサ!ちょっとまってくれ」

 僕は目の前の足下に小石を投げ ...

小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

第二十話 見えない敵

「佑月!」

 駆け寄るメリッサ。

「メリッサ! 伏せるんだ!」

 僕の言ったとおりにしゃがみ込む。彼女が立っていた場所に矢が飛んでくる。メリッサは慌てる様子なく僕の足を挟んでるト ...

小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

第十九話 見えない敵

 あたりの草木は 僕の全身を隠してしまえるほど背丈が長く、木々は枝が多くて視界が悪い。だというのに――

 敵は正確にこちらに向かって矢を放ってくる。僕たちは走りながら移動しているため命中することはなかっ ...

イラスト, パルミ-プレミアム, パルミー

女の子の描き方4

女の子の描き方講座、第四回になりました。この講座の最終回で女の子の塗り方を勉強しました。メイキングを見ながら、塗り方を勉強するとすごく技術を吸収できて、かなり上達した感じです。

今回の内容は以下の通りです。これより先のイラ ...

小説, 終末のヴァルキュリア

終末のヴァルキュリアアイキャッチ

第十八話 嵐の前の静けさ

 僕たちは次の街へと移動するため森の中に入っていた。あいもかわらず射撃訓練を行っている。MP7A1のトリガーを引くとまっすぐに的を貫く。木の枝からぶら下げた大きな果実が粉々にくだけ、後ろの大木の木の破片をまき散 ...

イラスト, パルミー, 無料講座

鎧少女

こんにちは厚塗りメイキング講座のイラレポを投稿します。女騎士を描きました。

厚塗りになれておらず苦労いたしました。鎧の質感はかなり気をつけて描きまして、

ある程度表現出来たと自分では評価しております。ですが鎧の ...