純愛異世界ファンタジー小説 終末のヴァルキュリア 第百二十九話 闘技大会への誘い

2021年7月30日

 商人の召使いに応接間へと通される。中に入ると赤い髪の毛で髪の毛を後ろにくくった白いサーコートをはおり鎧を着た女性が待っていた。穏やかで品のある仕草をしていて、その美しさはエメラルドと比較してもいいだろう。

 ツンとした印象を受けるが、どこか優しげでゆっくりと僕のほうに向かってくる。

「あなたが佑月様ですか?」

 言葉が通じる。と言うことはこの女性はヴァルキュリアかエインヘリャルだろう。メリッサとエイミアがピクリとする。ヴァルキュリアは一目見ればエインヘリャルがわかる。なら、おそらく彼女はエインヘリャルだ。

「そうですが、貴女は」

 僕は当然の疑問を尋ねた。凛とした表情で、こちらを眺めている赤い髪の女性、彼女ははっきりと張りのある声で応えてくる。

「申し遅れました、私の名前はクラリーナ。教会団のエインヘリャルです。ご高名はかねがね伺(うかが)っております。佑月様にお会い出来て光栄です」
「それは難儀なさったでしょう。エインヘリャルはこの世界の言葉を理解出来ませんから」

 僕は丁寧に接した。敵対する様子もないから大人の対応をする。彼女の目的は何だろう。

「私は、アウティスと同じもともとこの世界の住人でエインヘリャルになった者です。もっとも私はアウティスとは違い、偶然エインヘリャルに選ばれてしまったのですが。しかしこれも神の導きです。清く正しく教会団の一員として200年ほど働いております」

 彼女の口上にエイミアが口を挟んできた。

「教会団の聖教徒騎士団副隊長のクラリーナといえば教会団で知らぬ者はいないわ」

 クラリーナはエイミアの方向を見て不思議そうに見つめる。

「貴女はアウティスのヴァルキュリアではありませんか。何故佑月様についているのです」
「残念だけど、私、アウティスとは縁を切ったつもりだから。今では佑月の仲間ね」

「ふむ、どうやら混み合った事情の様子。私は審問官ではありませんから、教会組織を把握しているわけではありませんので、いきさつはわかりませんが、それも神の導きかと」

 まあ当然エイミアとクラリーナは面識があったようだ。忘れていたけどエイミアは教会団の一員だったからなあ。性格は清く正しくと正反対だが。無粋ではあるが、用件を聞いていなかった僕は話を進めた。

「それでクラリーナ殿は僕にどのようなご用件ですか?」

「あなた方には闘技大会の参加権があります。ぜひとも参加願いたいと思いまして」
「闘技大会?」

 教会団が闘技大会とは珍しい組み合わせだ。どういう魂胆か。

「何故、そのような大会が開かれるのです」

 僕の疑問に少し雄々しく声を張るクラリーナだった。

「聖帝様は優れたエインヘリャルが神の教えにより、新世界の創設を担うことお望みです。今どれほどのエインヘリャルが生き残っているかご存じでしょうか?」
「存じておりません」

「およそ1000名ほどです。無論この中から十二人が選ばれることでしょう。だがしかし、その過程には町中の戦闘も多いことでしょう、その場合、民衆にも被害が及んでおり、現に何万人ものの巻き添えを食らっております。教会団はそれを懸念(けねん)しておるのです」

 その理屈は理解できるがその民衆を虐殺している張本人は教会団のエインヘリャルじゃないか、彼女はそれを知っているのか知らないのか、多分知らないんだろうな、腹芸ができるようなタイプだとは思えない。

「……それは当然のお考えですね。エインヘリャル同士が争うのに、何も町中でやる必要はありません。いっそエインヘリャルたちを集めて闘技大会を開いて、民衆とは関係ない場所で人数を減らせば効率よくエインヘリャルが絞られるでしょう」

 僕は嫌味を含んで言ったつもりだが、彼女はそれを察しなかったようだ。

「流石、佑月様。お察しの通りです。この時間まで生き残ったエインヘリャルは手練ればかりのはず。それはもう見応えのある戦いになるでしょう」
「さて、大会の優勝者には何の報償があるのですか」

 彼女らの真の目的はわからない。少しでも情報を引き出さないと。

「神の選ばれた十二人になれるよう教会団を挙げて援助します。また、この世界であらゆる自由が許されます。闘技大会を勝ち進めればただ待っているだけで新世界の住人に選ばれることを確約しましょう」

 これはきな臭い話になってきた。教会団が自分の思想を信じていないエインヘリャルを援助するだろうか。クラリーナ自身はどう思っているかわからないけど、何か裏がある。

「少し仲間のあいだで相談したいのですがよろしいですか」
「どうぞ」

 僕とメリッサとエイミアが別室で相談する。メリッサは真剣な様子で、

「これは罠だ!」
「僕もそう思う」

 即座にメリッサに同意する。確実に裏がある。

「だからといって、断る理由もないのよね」

 エイミアはあごに指を当てて楽しげに笑っている。

「結局殺し合いすることに変わりないでしょう。それなら効率よく、さくっといきたいじゃない」
「しかし相手に与えられた場所で戦うのは……」

 メリッサは納得出来ない様子だ。ここは僕の意思で決まるな。さて、どうするべきか……。いや、僕の答えは決まっている。

「──闘技大会に出よう」
「佑月!」

「敵中に飛び込んでみないと、どういう事情があるかわからないだろう。やばかったら逃げる手段を考えれば良い」

 僕の言葉に、ため息をつくメリッサ。実は闘技大会と聞いて心が踊るものがある。この渇いた心に良いスパイスとなってくれれば良いのだが。腹の奥底では異論あるみたいだけどメリッサは「じゃあ、お前に任せる」と言ってくれた。

「よし! じゃあ闘技大会に出るって言いましょう」

 エイミアは何やら嬉しそうだ。祭り好きなのかな、まあそれっぽいけど。

 僕たちは応接間に戻った。座っていたクラリーナが立ち上がり

「して、返答はいかがか?」
「僕たちは闘技大会に出させてもらう。ただし、優勝は僕たちがもらう」

 その答えにクラリーナは小躍りをした様子だった。

「よくぞ言いました! それでこそ男というものです。最近の男はどうも裏があるとか、誰かが得することが許せないとグチグチグチグチと女々しい者ばかり、腸(はらわた)が煮えかえる思いです。はあ、私はその言葉を聞いて安心しました、素晴らしいです!」

 何やら余計なことを聞いたが、そっとしておこう。メリッサは冷静に尋ねていった。

「それで、何か伝えることは残っていないですか?」

 当然の質問に姿勢を正すクラリーナ。

「──ああ、そうですね。あなた方はエインヘリャルを四人集めてください。エインヘリャル五人、ヴァルキュリア五人が同時にチーム制で戦い、トーナメント方式で勝ち抜き戦を行います」

 ちょっとまて、団体戦かよおいおい、そうなるとかなり事情が違ってくるぞ。メリッサはやはりかとため息をつき、エイミアは楽しそうに笑っていた。僕の表情は引きつっていただろう。

 こちらの心情とは裏腹にクラリーナは平然とさわやかな笑顔を浮かべていた。

次→ 第百三十話 闘技大会への誘い②

前→ 第百二十八話 結婚式計画

リスト→ 小説

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 イラストブログへ