小説,終末のヴァルキュリア

 この街でしばしの時間が流れた。メリッサとゆったりとした時間。それが僕にとって何よりも暖かい日差しを浴びるかのように、みるみると生気をあたえてくれた。僕はついに調子を取り戻した。 あるとき、メリッサは教会に行こうと言い出して、僕は連れ ...

小説,終末のヴァルキュリア

第四十二話 戦闘の傷跡。「さてと、久しぶりにいっしょにベッドに寝られるな! 私嬉しいぞ」 メリッサは布団を広げアンダードレスで寝っ転がった。その姿はなんだか子どもみたいでとても愛らしい。

小説,終末のヴァルキュリア

第四十二話 メリッサの秘密「なぜ、助けてくれなかったの?」 

小説,終末のヴァルキュリア

「さあ、どうする? おっさん」 ザメハは少女に刃はをあてて、そして首筋からうっすらと血が流れるいく。やつは本気だ。「勘違いしてないか?

小説,終末のヴァルキュリア

第三十九話 覚醒またこの感覚だ落ちていく落ちていく。暗い海の中。聞こえるのは掃除機の音。布団の中で思い浮かべるのは布でできた銃の形。

小説,終末のヴァルキュリア

第三十八話 ザメハの笑み②「おはよう、おっさん。また、おっさんと遊べて俺嬉しい」

小説,終末のヴァルキュリア

第三十七話 ザメハの笑み暗い闇。闇が僕を覆う。 体が黒い海に沈んでゆく。 体が動かそうとしても動けない。 落ちていく、落ちていく。 無数

小説,終末のヴァルキュリア

第三十六話 教会の扉 扉を開けるとそこではメリッサが食事をしていた。テーブルの上には豪華な装飾をした大皿にでっかい鶏肉だろうものが乗っかっている。それをメリッサはナイフで切り分けて手づかみで食べている。パンも上質そうなパンで僕が食べて ...

小説,終末のヴァルキュリア

 黒のヴァルキュリアは天を仰ぐ。青い空から温かい日差しが彼女に差し込んできた。「そうか私は負けたのか……」