純愛異世界ダークファンタジー小説終末のヴァルキュリア第二十四話 森は笑わない④

2020年4月7日

第二十四話 森は笑わない④

「そんな顔をするな……私が……望んで……やった……こと」

 メリッサは僕の頬をゆっくりなでながら優しく微笑んだ。

「違う!僕のせいだ僕がいたらなかったせいで君を傷つけた」

 メリッサは少し咳き込みながら、

「何を……言ってる……パートナーだろ」
「メリッサ……」

「何を泣いている……男が人前で泣いて良いのは……母親が死んだ時って……授業で……ならっただろ」

 僕は大粒の涙を流しながら、血だらけの僕の好きな人を強く抱きしめる。彼女は目をつぶり、

「少しこのままで……休ませて……くれ……とても温かい」

 そう言うと彼女はしばしの間こと切れた。

 ――僕はこうやってメリッサを傷つけて楽しんでいるんだろ?――

 違う! 僕はメリッサを、彼女を誰よりも大切に思っている。傷つけたいなんて思っていない!

 ――大切だなんて嘘だな。彼女を犠牲にして勝ち進んでいく、そうやって行けば楽じゃないか――

  嫌だ! 彼女を傷つけたくない。本当は僕が犠牲になりたかった。でも、僕は弱くて。ちっぽけで。彼女を救えなかった。僕はなんて無力なんだ。好きな女の子一人救えないなんて。

 ――本当にそう思うか? なら感情を捨てろ。他のことを考えるな。それがお前にできる、唯一の彼女を救う手段だ――

  感情を捨てる? 僕には力がない。選択肢を減らして彼女を傷つけない選択を最優先にして選ぶしかない。そのためには悪魔にだって……

「メリッサ聞いてくれ。最初は君が苦手だった。僕のつらいところをついてそれを楽しんでいるんじゃないかって」

 僕は勢いよく首を振った。

「 でもそれは違う僕のことを思って叱ってくれてたんだな。僕があんまりにも情けなくて弱いから怒ってくれたんだな。僕は母親にもそんなこと言われたことなかった本当に僕のこと思ってくれていたのは、メリッサ君だけだ」

 心からの思い、つむぎ出る言葉。

「君はいつも僕のことを見てくれている。君は僕のことをパートナーだと言った。でも、それ以上のことを君は与えてくれる。嬉しかった、僕を思ってくれる人なんてこれまで誰もいない」

「 君だけだ、君だけなんだ!」

 僕は嗚咽(おえつ)を含みながら涙を流す。涙が止まらない。

「最初の時から惹かれていた、なんて美しい娘なんだろうってでも見た目だけで、その美しさが表現できる訳じゃないんだ」

「優しくて、可愛くて、素直で、いじらしくて、僕のことを一番に考えてくれる。とても頭が良い」

「こんなに素敵な女の子に初めて出会った」

「僕はすぐに夢中になった。そばにいるときも何を考えているのだろう、どんな言葉をかけてくれるのだろうっていつもドキドキしていた。そばにいてくれない時なんて不安で不安でしかたなかった」

「こんなことは初めてだ。いつも君のことばかり考えていた。君がそばにいてくれている。それだけで僕は普通以上の幸せを感じていた」

「君がいてくれるだけで他には何もいらない。メリッサ、君のすべてが欲しい。僕のモノにしたい、でも、それを望んでなければそれでいい。君のそばに入れるだけで僕は幸せなんだ」

「もう絶対に誰も君を傷つけさせはしない、君は僕が守る。そう、ただ……」

「メリッサ、君を愛している」

 僕はメリッサの唇に口づけをする。永遠よりも長いキス。長い長い口づけ。僕はメリッサのほのかに温かく柔らかい唇をうばう。

 僕は息ができないくらい、胸を張り詰めていた。愛おしい。こんな感情が僕にもあるなんて。

 生きてて初めて誰かを思う幸せを感じていた。このまま時が止まってしまえば良い。そうおもった。辺りは静かで僕とメリッサ以外誰もいない。

  僕とメリッサだけの世界だ。こんな世界の果てでこんなにも美しい少女に出会えた。

 僕はどんな世界の男よりも幸せだろう。こんな神聖なキスができるのは僕だけだ。

 愛おしい……。愛おしい……。

「――気分が入っているところで悪いが、私は起きているぞ」

 ……え?気絶したんじゃなかったのか? すると今までの告白全部聞かれて……? メリッサは何事もなかったように目をつぶる。

「あまり私がおとなしいからといっていたずらするな、バカ者」

  途端に僕の全身の体が赤くなる音がして、ゆでられたようにほてっていた。

 コイツ、わかってて黙っていたのかくそっ! ああ、ちくしょう可愛いなコイツは。そうだよ夢中だよ。悪いかバカ! お前が可愛いから悪いんだよ!

 僕は気を失いそうだった。でも心を落ち着かせる。

 もう一度静かにキスをする。彼女は何も抵抗しない。そのまま何時間もメリッサを抱きしめてキスをしていた。

 男は僕たちのことを笑ったが、森はただ静かに僕たち二人を見守っていた。

続く
次→第二十五話 二人の距離
前→ 第二十三話 森は笑わない③
まとめ→ノベル

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へにほんブログ村 イラストブログへ