小説,終末のヴァルキュリア

 スナイパーのいると思われる山に真っ正面から登らずにのとなりの山に登った。もし、真正面から行くと相手に気づかれるかもしれない、敵は油断のならぬ相手、もしかすると何重にも罠を張り巡らせているかもしれない。なら、横から奇襲をかけるのが常道 ...

小説,終末のヴァルキュリア

 銃声の恐怖に怯え、悲鳴を上げ、狂ったように荒ぶる人々の群れ、これは当然だろうしかし、この世界の人間が銃声を聞いてそれが危険な音だと察知していることに、僕は少し違和感を覚えた。

 今までの経験から言うと、この世界の人間の反 ...

小説,終末のヴァルキュリア

 ……夢。夢を見ている。メリッサがウェディングドレスを着ていて、僕に優しく微笑みかける。それは神聖な時間。彼女はそっと目を閉じ、こうつぶやく、”愛してる”と。彼女の濡れた唇が僕の口元へ届き、そっと時が止まった。最高の夢だ。ああ、神様、 ...

小説,終末のヴァルキュリア

「君は一体……?」 僕は動揺を隠せなかった。こうして、会話ができるということはヴァルキュリアかエインヘリャルということだ。「ええ、申し

小説,終末のヴァルキュリア

 日が差し緑が生い茂る森の中、動物たちが驚き慌てた。けたたましい銃声が空気を打ち破ったからだ。僕は伏せ撃ちの体勢でスナイパーライフルで狙撃の練習をしていた。 目視で伏せ撃ち、約250mの距離から的を撃った。木を削って作った的に近づく。 ...

小説,終末のヴァルキュリア

 この街でしばしの時間が流れた。メリッサとゆったりとした時間。それが僕にとって何よりも暖かい日差しを浴びるかのように、みるみると生気をあたえてくれた。僕はついに調子を取り戻した。 あるとき、メリッサは教会に行こうと言い出して、僕は連れ ...