小説,終末のヴァルキュリア

第二十八話 戦慄 金髪の大男は勢いよく殴りかかってきた。僕は寸前でなんとかかわす。拳は僕の後ろの壁に突き進んでいく。 どういうことだろうか

小説,終末のヴァルキュリア

第二十七話 フリューナグの第一歩 フリューナグにつくと僕たちは検問にあった。街の入り口に兵士たちがおり、僕たちをにらむ。メリッサが兵士に自分たちの立場を説明しているのだろう、長い時間僕は待たされた。よくみると何やら手紙みたいな物をメリ ...

小説,終末のヴァルキュリア

第二十六話 二人の距離②僕とメリッサは森の中で腕を組みながら歩いていた。誰も見ていないが何か気恥ずかしい。昨日の今日だ、まるで中学生のような気分でいる。それに対し、メリッサは何か民族音楽みたいな歌を歌っている。きれいで透き通った声。小 ...

小説,終末のヴァルキュリア

第二十五話 二人の距離日は沈み辺りはすっかり夜だ。薪(たきぎ)を囲みながら僕とメリッサは夕食を済ますと、真っ赤に燃える火をぼうっとみつめていた。会話がない。何か言われることを覚悟しておいたが、メリッサは何も言わない。ただじっと火を見つ ...

小説,終末のヴァルキュリア

第二十四話 森は笑わない④「そんな顔をするな……私が……望んで……やった……こと」 メリッサは僕の頬をゆっくりなでながら優しく微笑んだ。

小説,終末のヴァルキュリア

第二十二話 森は笑わない② 僕はゆっくりと敵に近づこうとした。「そこには罠が張ってあるぞ」

小説,終末のヴァルキュリア

第二十一話 森は笑わない 光の閃光が木々を破壊する。巨木すら粉々に砕けあたりが更地になっていく。僕はメリッサに肩を借りて光の嵐を過ぎようとした。

小説,終末のヴァルキュリア

第十九話 見えない敵 あたりの草木は 僕の全身を隠してしまえるほど背丈が長く、木々は枝が多くて視界が悪い。だというのに―― 敵は正確にこち

小説,終末のヴァルキュリア

第十八話 嵐の前の静けさ 僕たちは次の街へと移動するため森の中に入っていた。あいもかわらず射撃訓練を行っている。MP7A1のトリガーを引くとまっすぐに的を貫く。木の枝からぶら下げた大きな果実が粉々にくだけ、後ろの大木の木の破片をまき散 ...