小説,終末のヴァルキュリア

「池田君、きみ今日も宿題やってこなかったでしょ」

 突然に教室で女子に話しかけられたので、僕は思わずのけぞった。セーラーの夏服に教室へと光が差し込んで、白くきらめいていた。

 艶やかで短く切った黒髪で、目鼻がく ...

小説,終末のヴァルキュリア

 崖からまっ逆さまに両足を地面にたたきつけられた、戸惑いながらも相手の追撃が来ないよう中腰で走り抜けようとするが足が動かない、転がるようにその場を離れるしか、もはや方法はなかったのだった。

 案の定僕の落ちた先に12.7ミ ...

小説,終末のヴァルキュリア

 嵐が去って僕たちの次の目標地ベリカに向かって、鬱蒼(うっそう)とした森の中を歩いていると、漫然と木々を見つめている、白くて可憐な柊の花のようなものが咲いていた。じっとみつめていると、メリッサがこちらの様子を覗(うかが)って、「あれは ...

小説,終末のヴァルキュリア

 セルモアが鎖のついたおもりを支えている、木のつっかえ棒を外すとさっき来た扉が閉まる。「この城壁は特殊でね。ここに来た人間を閉じ込めるために、罠を張っているんだ。こちらの扉を閉めると、跳ね橋の向こう側から扉を開ける仕掛けを動かさないと ...

小説,終末のヴァルキュリア

第四十二話 戦闘の傷跡。「さてと、久しぶりにいっしょにベッドに寝られるな! 私嬉しいぞ」 メリッサは布団を広げアンダードレスで寝っ転がった。その姿はなんだか子どもみたいでとても愛らしい。