小説,終末のヴァルキュリア

 時計の針は進んでいく。苦しみの暮らしを変えようと、多くの者が未来へ希望を抱き、それを望む。だが、誰しもそれを望んでいるわけではない。中には力尽くでその針を元に戻そうとする奴は必ずいる。……例え何かを犠牲にしても。

「おや ...