小説,終末のヴァルキュリア

 過去とは書き換えられないからこそ価値がある。後悔したり、絶望したり。そういった人生の苦しみ痛み、そして挫折した足跡があるからこそ、未来が輝いて見える。僕はそう思う。

 
「リリィ、こっちに来てはだめ! ご主人様、 ...